マーケティングとはそもそも何を意味しているのか??

マーケティングとはそもそも何を意味しているのか??

まずは下記のwikiを読んでみましょう。

Wikipedia

一般的な企業活動のうち、商品・サービスそのものの企画・開発・設計やブランディングから、市場調査・分析、価格設定、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、店舗・施設の設計・設置、(いわゆる)営業、集客、接客、顧客の情報管理等に至る広い範囲においてマーケティングミックスの4Pや4Cの活動が行われている。 企業活動のうち、対顧客視点での活動が行われない製造ライン、研究、経理、人事などの部門は、一見マーケティング活動とはやや距離があるが、顧客価値を生むという視点では組織が有機的に機能する必要があると考えられる。

マーケティングの定義や理論は、時代と共に様々に変遷してきており、硬直化することがなく進化しているといえる。 元々は米国で産まれた概念で、モノ(製品・商品)を中心にした「マス・マーケティング」(マーケティング1.0)から始まった。 以後、「生活者(顧客)志向のマーケティング」(マーケティング2.0)に進化したとコトラーは定義している。 現在はグローバル化とIT化が加速し、「価値主導のマーケティング」(マーケティング3.0)の領域に高度化しており、単なる収益向上のための手段ではなく、企業や組織が世界を良くするための事業・活動を展開するための戦略に昇華している。

上述のとおりマーケティングはモノの生産・販売から産まれた概念だが、今日コモディティ化が加速する市場において自社の競争優位性を発揮し維持するうえで、顧客志向のサービスが果たす役割の重要性が増していると広く言われている。セオドア・レビットはすべての企業は顧客にとってサービス業であるという顧客志向の認識に立ち、あらゆる企業がサービス的要素を持つと指摘している。従来のモノ中心のマーケティングをGDL(Goods Dominant Logic)ともいい、顧客は単に購入者として捉えられ、モノの交換価値を重視していた。SDL(Service Dominant Logic)では、モノに限らず経済活動を全てサービスであると考え、顧客のことを購入者ではなくサービスの利用者であるという考えに立脚している[1]

マーケティング活動は、狭義には商品またはサービスを購入するポテンシャルのある顧客候補に対して情報提供(情報収集)などマーケティング・コミュニケーション活動で相互学習状態を形成して購買に至らしめ、さらなるコミュニケーションによって固定顧客化して顧客価値を高め、再購入や顧客連鎖を促進する、などの企業活動の拡大再生産(あるいは維持)を図るための一連の行為であり、心理学、数学、社会学、経済学等様々な知識の上から成り立つ高度な理念、スキルである。

一部のビジネスの現場やマスメディアにおいては、広告・宣伝、集客や販促活動のみをマーケティングと捉える傾向が強いが、これは本来戦略的なマーケティング活動の意味からすれば極めて限定的な行為を指すものであり、誤解であるといえる[2]。この誤解は、マーケティングという言葉・概念の普及過程において、企業の宣伝担当部門などがマーケティング部などと名乗ることが多かったため、その部門の担当業務を指すと誤って捉えられたと考えられる。

上記のようにマーケティングとは定義されていますが、実際は様々な使い方がされています。◯◯マーケティングという書籍や情報も蔓延しているのが現状です。結果的には商品やサービスをマーケティング手法として販売するノウハウが語られているのですね。

マーケティングの反対語として「セリング」が時に語られます。セリングとは簡単に言えば「押し売り」です。要するに押し売り主義ではなく「売れる仕組み」作りをしようという事がマーケティングの着地点だと私は解釈しています。

この「売れる仕組み作り」には様々な処方がありますが、私が貫いてきた「ありがとう学」もまさに一種のマーケテイングの部類に属すのではないでしょうか。高度成長期、作れば売れる時代は終焉を迎え、今は競争の時代とも言われています。しかし私は個人的に競争は競争でも「価格競争」だけは絶対に行わない主義です。

競争するなら「付加価値競争」で戦うのが私のスタイルです。この「付加価値」にも様々な概念がありますが、私は商品にプラスされた商品単体とは別の価値。と考えています。これはまさに「ありがとう」であり「恩を先に売る」事なんです。

世のグローバル化が進みビジネスだけでなく私生活や環境までが脅かされる時代。このような時代をいかに幸せに生きるか。これも大切な項目ですね。当ページでは今後ビジネスがメインになりますが、時に環境問題や教育に関しても少し触れていきたいと思います。


ありがとう学で集客するFBページ

 

▲TOPページへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close