「ありがとう学」のSNS集客とリアル集客のパワーバランス!!

「ありがとう学」のSNS集客とリアル集客のパワーバランス!!

お客様を集客する上でSNSは重要なツールである事は伝えてきましたが、それ以上にリアル集客は大切である事もお話ししました。では両者の集客方法の頻度やバランスはどの程度なのか?これに関しましては私が経営するパーソナルジム「ワイズボディメイク」と「あいむ保育園」の事例が似ているので紹介していきます。

まずSNS集客とリアル集客それぞれの優先順位を整理してみましょう。

◯SNS集客方法

1位ホームページ

2位ブログ

3位フェイスブック

4位ユーチューブ

5位インスタグラム

6位ライン@

7位ツイッター

8位ピンタレスト

SNS集客の場合は上記が力を入れている順番です。全て行うとなると慣れていない方は大変ですので最低でも3位まで、できればインスタグラムの4位までは集客に活用して下さい。そして考え方として、ブログをやってるのでOK、インスタだけで十分、など単発なSNSの利用は効果をなかなか発揮できません。SNSは最終的にホームページに誘導するツール「複数の入り口」と考えて下さい。

ホームページは毎日更新する必要はありませんが、その他のSNSはグーグルのインデックス数を増やす為にも必ず更新します。何度も繰り返しますが、ホームページが最終的な終着駅で綺麗に詳しく記載された料金や商品、サービスをじっくりと潜在的な顧客が吟味し決断を下す場所です。これは最重要ですので何度も繰り返して伝えます。

◯リアル集客方法

1位イベント出店

2位ポスティング

3位チラシ配布活動

上記が普段の人的集客手法です。1位にイベント出店がありますが、大小関係なく「ありがとう学」流のマーケティング手法を実践できる最適な環境だからです。ポステイングも工夫を凝らし単なる価格訴求や商品訴求を行うのではなく「価値訴求」を中心に集客していきます。

チラシの配布に関してはジムのチラシならば「健康意識が高い方が集まる場所」にてチラシ配布を行います。やたらと適当な場所で配布しても集客には結びつきません。地域の定期検診が行われる場所等が狙い目です。

※広告「フェイスブック広告、グーグルやヤフー広告」は別記事にて紹介。

このように、リアル集客とSNS集客は明確に分けて考え、どちらも必ず実践します。どちらかがかけていても集客は成功しません。また全ての告知で「ありがとう学」流の告知方法を使います。

SNS集客で8個、リアル集客で3個、こんなに時間を費やしてる時間がないと考える方、ご安心ください。全てを定期的に更新できる「コツ」は改めて紹介します。


今日ここでお話ししたSNS集客法を全て実践した場合、上記のように1日で約1000人前後のホームページの回覧が行われます。


ありがとう学フェイスブックページ

▲ページTOPへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close